広島スバル株式会社広島スバル株式会社

SHOP TOPICS

三原店

週末のイベントのご案内とスタッフの休日・・・?

投稿日:

 

こんにちは

 

いつもHPをご覧いただきありがとうございます。

 

 

だんだんと陽が短くなってきましたね。

以前は夜が長いことはなんだかもったいなく損しているような気がしておりました。

 

しかしキャンプや魚釣りをし始めると今度は焚火やランタンの光が長く見ていられたり、魚が釣りやすい夜釣りの時間が長くなったりと悪いことばかりでもありません。

 

前向きに物事をとらえるのも大事ですね。

 

 

 

本題のイベントのご案内です。

 

10月9日(土)10日(日)、16日(土)17日(日)の2週に亘り「SUBARU AUTUMN SUV FAIR」を開催いたします。

 

 

発表されたばかりの新型レガシィアウトバックを筆頭に話題のSUVをラインナップ。

 

また、SUBARU XVは期間限定の大特価となっておりますのでこちらもぜひお見逃しなく。

 

 

もちろんSUV以外のお車をご検討の皆様も心からお待ちしております。

ぜひお気軽にお立ち寄りくださいませ。

 

そしてイベント期間中にご来場いただいた方にはスバルオリジナルハンドジェルをプレゼント。

なくなり次第終了となります。ご了承ください。

 

カラーは全部で4色ございます。

 

 

カバンなどにも取り付け可能です。

 

 

アルコール濃度は75%あるためしっかりと殺菌可能です。

これからの行楽シーズン、ドライブのお供にいかがでしょうか。

 

 

 


 

 

第四回その部品なんなのコーナー と少しスタッフの休日

 

 

今回もこのコーナーで〆させていただきます。

ちなみに予定では今回で当コーナーはいったん終了です。

 

次に再開するとしたらまたスタッフの外出が緊急事態宣言等により自粛される状況になったときですので再開されないに越したことはないのです。

 

ということで、一旦最終回(予定)の今回ご紹介する部品はこちら

 

スパークプラグ(以下、プラグ)

 

エンジン内部にあり、霧状に噴射された燃料に対し火花によって混合ガスを爆発させている部品です。

 

その爆発によりエンジンの内部機関が動作するため車を動かす推進力になっています。

 

通常の直列エンジンであればボンネットをあけるとプラグの取り付け個所が確認できるのですがスバルの水平対向エンジンの場合、下の写真の位置にプラグがあるため撮影ができません。

 

 

ですので今回はプラグの部品をみながらご説明していきたいと思います。

 

このプラグという言葉も耳にすることがあるのではないでしょうか。

 

「プラグが摩耗しています」「プラグの交換距離がきています」などとお声がけしております。

 

ではこれはどういった状態をさしているのでしょうか。

 

まずプラグの素材として①白金 ②イリジウム ③ノーマル(一般)とあります。

プラグには火花を飛ばす電極部分に鉄が使われております。

 

 

この電極部分の火花が散るごとに摩耗しすり減っていってしまうわけです。

 

上記部分が摩耗した場合、火花が一定に飛ばずエンジン不調の原因となってしまいます。

 

 

エンジンの振動が大きい。アクセルを踏んでも振動が大きくなり加速しない。

その症状、もしかしたらプラグの摩耗が原因かもしれません。

 

 

こちらは新品のイリジウムプラグ(左)と使用中のイリジウムプラグ(右)です。

 

ご覧のように使用中のプラグは摩耗していませんが、電極部分が汚れています。

電極部分が汚れていると、火花が一定に飛ばないためこの状態もエンジン不調の原因となる場合がございます。

 

そのためプラグは摩耗していなくても、100,000km走行毎の交換をオススメしております。

(※交換時期は使用状況や車種によって異なります。)

 

 

プラグは12か月法定点検と車検整備での点検項目に含まれております。

(車種によっては省略されているものもございます)

 

見積などの書類上では「スパークプラグ」と記載がされているのがこの部品です。

 

車の心臓部分をサポートする大切な部品です。ぜひ定期的な交換を心がけましょう。

 

 

 

 

 

スタッフの休日(プチ)

 

 

リハビリもかねて久しぶりのスタッフの休日です。

 

今回はスタッフTがツーリング道中に立ち寄った際に撮ったこの一枚。

 

 

ブルーベリーたっぷりのパフェです。

 

道の駅 賀陽にて購入したそうです。

 

通常価格700円のところ500円で購入できたそう。

 

下層がソフトクリーム、その上にたっぷりのブルーベリーで最後にヨーグルトがトッピングしてあります。

ブルーベリーは凍っておりシャーベット状でソフトクリームの甘さにブルーベリーとヨーグルトの酸味が非常にマッチして美味しかったそうです。

 

このブルーベリーの量で500円で食べることができたのは大変お得でしたね。

 

皆様もぜひ道の駅 賀陽にお立ち寄りの際はこのブルーベリーのパフェ、食べてみてはいかがですか。